山なのにウニ??福井県、河和田地区の伝統薬味「山うに」の魅力。

2016.07.07

3,568 view

CHOKKY4号

「山うに」とは?

「山うに」とは?

日本フードコーディネーター協会

柚子と福耳トウガラシ(赤ナンバ)、鷹の爪や塩を丁寧に丁寧にすり込み、練り上げたもの。
九州の「ゆずこしょう」や新潟の「かんずり」などとも似ており、主に薬味として使われています。

福井県鯖江市の市街地から車で15分ほどに位置する、河和田地区。
三方を山に囲まれた自然豊かなこの地区は、古くから伝統産業 『越前漆器』 で栄えた里で、この地区で古くから食べられてきた、伝統の家庭の味です。

山うに

北陸福井県

福井の特産品「塩ウニ」に見た目がそっくり。

福井の特産品「塩ウニ」に見た目がそっくり。

日本フードコーディネーター協会

福井の海産特産品の一つに「塩ウニ」という、塩漬けのウニを練り上げて作られる加工品があり、地元の味として愛されています。
その「塩ウニ」に そっくりな形状で、同じ福井の山でつくられるものだから『山うに』と呼ばれるのだとか。

「むかしは行商人が来て、魚介類と山の物を交換していた。海側の人が塩ウニを持ってきて「ほら、海にはこんなにおいしいものがある」って持ってきたものに対抗して、山のおいしいもの「山うに」をつくった。って話もあるんですよ」
と話してくれたのは、鯖江市の農林政策課 竹内さん。

柚子がなりはじめる11月・12月頃になると 冬場のお楽しみとして各家庭で作られ、食べられてきた、地域の伝統的な味。
地域の集まりでは「うちのが一番うまいんやざ。」と、「手前味噌」ならぬ「手前柚子うに」自慢の光景も珍しくないとか(笑)

越前仕立て汐雲(しおうに)

北陸福井県

食材や料理を引き立てる、食の名脇役!

食材や料理を引き立てる、食の名脇役!

日本フードコーディネーター協会

どんな料理にも合う!!
シンプルな素材から作られる「山うに」。一般的には薬味として使われます。
鍋物やおでんに添えるほか、わさびの替わりに山うにをつけたり、お蕎麦の薬味にも風味が変わり美味しくなります。

山うに

北陸福井県

地元では山うに屋の「山うにたこ焼き」が大人気。

地元では山うに屋の「山うにたこ焼き」が大人気。

食べログ

河和田にオープンしたたこ焼き屋さん。
醤油、ソースの二種類。
トロっとしたたこ焼きに山うにが絶妙に合います。
山うにを使った料理を何度も食べてますがまさかのたこ焼きがベストパートナー。
唯一無二のたこ焼きです。

越前隊 山うに

北陸福井県

漆器の里で生まれた山うに。うるしの器で楽しめます!

漆器の里で生まれた山うに。うるしの器で楽しめます!

ゆるい移住ブログ ゆるブロ

河和田にあるうるしの里会館の喫茶椀椀でも山うにを使った食事が楽しめます。
テーブル、料理の器に越前漆器を使った漆器づくしのお食事が楽しめるおすすめスポットです。
一番人気はココナツ風味のグリーンカレー。
ご飯にはちゃんと山うにがのっています。
他にも山うにがのったとろろ丼、温泉卵のせなど、間違いないでしょ!っていうメニューがあります。

山うに

北陸福井県

不適切なコンテンツを報告する

キュレーター

*

CHOKKY4号

福井県鯖江市の地域おこし協力隊(通称:CHOKKY)の4号。 越前漆器の里である河和田町に移住し、うるしの素晴らしさを発信中。 福井県丹南エリア(鯖江市周辺)の情報発信もしていきます! (メガネ・越前焼・越前和紙・越前打刃物・越前箪笥などなど...)

関連記事

おすすめ